全国からプロの治療家が集まるJBM療法です!坐骨神経痛・オスグッド・三角骨障害・極度の側湾症などの症状の中でも重症なケースを劇的に改善出来るのはJBM療法だけです!

人体の法則MAPの解説書

人体の法則MAPの解説書


JBMの人体の法則を基に施術することによって、適応症状にも書いてある通り、整形外科的疾患だけではなく、精神的疾患や全身のあらゆる症状にもアプローチが可能になります。

何故これだけ広範囲の症状にアプローチが可能になるかと言うと、原因を特定する力があるからです。

症状を改善させるために一番大事なのは技術ではなく原因の特定です。

原因も特定せずに、患部に対して施術を行っても、そこに原因が無ければ、いつまで経っても症状の変化は表れません。

逆に、原因を上手く特定することができた時、そこに対するアプローチによって、その場ですぐに症状の改善が見られるものなのです。

原因を特定するためには、医学的知識はほとんど必要ありません。
医学の分野で治せる疾患については医学に任せておけばいいわけですし、医師ではない私たちが手を出す必要はありません。
あくまでも医学で治せる(医学的理論に当てはまる)疾患についてのことですが・・・。

人体の法則マップの解説書

そして、病院で治らかなった患者さんについては、医学的理論に当てはまらなかったということですから、医学と同じ考え方で施術しても、治るわけが無いということになります。

病院での治療(電気をかけたり引っ張ったり、揉んだり押したり擦ったり、温めたり冷やしたり、薬を使ったりシップを貼ったり)では治らないという結果が出ている場合、私たち(医師ではない者たち)は、同じ事をやってはいけないわけです。

ですから医学的知識を頭に詰め込むことに時間を費やすよりも、違う方法を探した方がいいわけです。

医学的診方は医学のスペシャリストである医師にお任せしましょう!


人体の法則

この人体の法則を知ることにより、あらゆる症状の原因を特定し、改善に導くことができます。

痛みや病気の原因には原因レベルというものがあります。

例えば医師から「坐骨神経痛」という病名を付けられたとします。

でも坐骨神経痛といっても、原因は人それぞれなんです。

だから病院などの治療で改善に向かう人もいれば、いつまで経ってもまったく治らない人もいるわけです。


原因レベルとは?

原因レベルを簡単に表すと

  • 第1レベル=肉体的疲労や打撲等が原因となる症状
  • 第2レベル=ウイルスや細菌等が原因となる症状
  • 第3レベル=精神的ストレス①が原因となる症状
  • 第4レベル=精神的ストレス②が原因となる症状
  • 第5レベル=(非公開)
  • 第6レベル=(非公開)
  • 第7レベル=(非公開)
  • 第8レベル=(非公開)

という順番になっております。

※数字の大きさと患者さんの数は比例します。

第1レベルは肉体的な問題ですので、手技による施術で改善できます。

第2から第8レベルまでは、手技ではまったく改善できません。

第2レベルは、手技で疲労を取り免疫力を高める作業と、病院での治療が必要です。

第3と第4レベルは同じストレス性なのですが、ストレスには様々な種類がありますから、ここでは大きく第3と第4とに分けて考えております。

ストレス性の症状にはストレス治療を行います。
ストレス治療を行うことによって、ストレス性の症状(ウツやパニックなど)を劇的に改善させることが可能です。

ストレスには種類がありますので、その種類を理解せずに誤って第4レベルのストレスを除去してしまうと返って症状を悪化させてしまうことになりますので、気をつけなければいけません。
これはストレス治療のできる先生でしたら何方でも経験があるのではないでしょうか?
悪化してしまうのにはちゃんと理由がありますが、これについては色々なパターンがあり文章にすると更に長くなりますので、セミナーで解説させていただきます。
興味のある方や必要な方は是非受講してみてください。

第5レベル~第8レベルについてですが、これもセミナーで解説させていただいておりますが、どこのお医者さんに行っても「異常なし!原因不明!」と言われて、何処へ行っても治らないタイプがこの第5レベル~第6レベルに該当します。

もちろんJBM本部では改善可能です。

※ 今現在第5レベル~第8レベルにアプローチできるのは本部だけです。




人体の法則について更に興味を持たれた方は人体の法則とはをご覧下さい。



メールでのお問合わせはこちらから




a:3477 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional